ゴールドコースト

ゴールドコーストの観光、オプショナルツアーを探すならH.I.S. 美しい海岸線が特徴的なゴールドコーストではマリンアクティビティはもちろん山のツアーも満喫できます。 中でも人気があるのは土ボタルツアー!世界でも生息している地域はごく僅かの、レアな生物に遭遇することが出来るチャンスです。オーストラリアに来たら欠かせない、「コアラの抱っこ写真」を撮ることができるツアーもあります

ゴールドコースト

クィーンズランド州概要【クィーンズランド州概要】

オーストラリアは世界で6番目に大きい国です。面積はアラスカとハワイを除くアメリカ合衆国48州とほぼ同じで、ヨーロッパの1.5倍の広さがあります。しかし人口密度は世界中でもっとも低く、1平方キロあたりわずか2人にすぎません。

別名サンシャイン・ステートとも呼ばれるクイーンズランド州。トロピカルな州。観光都市としてはケアンズ、ゴールドコースト、サンシャインコーストがあり、州都はブリスベン。オーストラリアの北東部を占め、2番目に大きな州です。州内を南回帰線が走り、温帯から熱帯性気候までをカバーしています。北部の熱帯雨林や、東海岸沿いに約2300kmにわたって広がるグレート・バリア・リーフなど、国際的にも有名な観光資源が豊富にそろいます。
ほかの州と比べ、クイーンズランド州は地方への分散化が進んでおり、州都ブリスベンへの人口集中は比較的少ないのが特徴です。面積は約173万648㎢で日本の約5倍、人口はおよそ450万人です。
クイーンズランドの由来は、ニュー・サウス・ウェールズから分離した1859年当時、クイーン・ビクトリアが統治君主であったことから名付けられました。

ゴールドコースト概要【ゴールドコースト概要】

州都ブリスベンの南約80kmにあり、車でおよそ1時間の距離。地名のとおり、南北に42kmにも及ぶ砂浜の海岸線が延々と続く。国際的なホテルやホリデー・アパートメントなどが林立する観光地。年間晴天率が300日以上と天候に恵まれ、オーストラリアを代表する国際級リゾートとして、世界中から観光客を受け入れています。周辺にはテーマパークが点在し、渓谷や熱帯雨林などの観光素材も多い。人口はおよそ49万8000人。

美しい海岸線が特徴的なゴールドコーストではマリンアクティビティはもちろん、山のツアーも満喫できます。中でも人気があるのは土ボタルツアー!世界でも生息している地域はごく僅かの、レアな生物に遭遇する事が出来るチャンスです。オーストラリアに来たら欠かせない、「コアラの抱っこ写真」を撮ることが出来るツアーもあります。土ボタル以外にも、内陸に入るとクイーンズランド州南東部とニュー・サウス・ウェールズ州北東部にまたがる大森林地帯が広がり、世界遺産に登録されている、亜熱帯、乾燥、温帯、寒帯と異なった気候帯の植生が見られる珍しいエリア。シダやランがひしめく亜熱帯雨林、巨木が茂る温帯雨林、ミナミブナが広がる冷温帯雨林など、3タイプの降雨林と出会えます。世界最古のシダ類や170種を超える絶滅に瀕した植物群など、貴重な植物も生息しています。

また、ビーチや内陸の世界自然遺産の他にも5大テーマパーク(ドリームワールド、ムービーワールド、シーワールド、ウェットンワイルド、ホワイトウォーターワールド)もおすすめです。

ゴールドコーストの気候【ゴールドコーストの気候】

日本とは季節が逆となるオーストラリア、ゴールドコーストでは、9〜10月が春、11月〜4月が夏、5〜8月が秋、冬に当たります。
亜熱帯気候のゴールドコーストは、年間を通して比較的過ごしやすく、冬でも平均最高気温は20℃を超え昼間は半袖で過ごせますが、朝晩は冷え込み平均最低気温は10℃ほどとなるので上着は必携。一方、夏の日差しと紫外線はかなり強いため長時間ビーチで過ごしたり、街を歩き回る時には日焼け止めクリームを塗ること。たとえ曇りの日でも特に10〜14時頃に外出する際には日焼け対策は万全に。夏の平均最高気温は28℃(最高気温は40℃近くなる事もあります)、平均最低気温は22℃。

9月
10月
11月
12月
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
最高気温
22
24
25
27
28
27
26
25
22
20
19
20
最低気温
14
17
19
21
22
21
20
17
15
12
11
12

オーストラリアの主要都市空港【航空券・空港】

オーストラリアのセキュリティはとても厳重です。帰りのフライトの際には最低2時間前には空港に着いている事が望ましいです。時間に間に合わない場合は本当に飛行機に乗れない事もあるので、時間に余裕をもって行動する事をお勧め致します。

オーストラリア出入国【航空券・空港】

◆入国
オーストラリア入国には、パスポートと入国カードが必要です。入国カードは、出発地の空港(日本)、もしくは到着前の機内で配布されます。到着後の入国審査(イミグレーション)で必要な書類の1つなので、全ての項目の記入を到着前に済ませましょう。記載事項に偽りがあると、虚偽の申告となり、罰金等を科せられ場合がありますので、ご注意ください。
特有の生態系と家畜農業保護のためにオーストラリアは独立した大陸で、農業牧畜が主な産業であるため、外部からの病原菌等には大変神経を使っています。特に食品類の持ち込みに関してはオーストラリアは非常に厳しい審査がありますので、正しく申告をして下さい。オーストラリア入国時には、パスポートと入国カードを提示して下さい。

◆税関手続き&検疫手続き
入国審査が済み、お預けになった荷物の受け取りが終了したら、検疫&税関検査へとお進み下さい。
食料品や課税対象品をお持ちの方は赤色の申告検査台へ、何も申告する必要がない方は、緑色の申告検査台へとお進み下さい。時間帯によっては非常に混雑する場合がありますので、特に申告する物品がある場合は、入国審査後、迅速に税関にお進みいただくようご協力お願いします。

◆出国
出発前の2時間前には空港へ行き、各航空会社のカウンターでチェックインをします。荷物の検査はその場の指示に従って下さい。荷物を預け、クレームタッグを受け取り完了です。ご搭乗機にお預けいただける荷物の重量は、ご利用になる各航空会社によって設定されています。その制限を超えた場合、1kg毎に追加料金がかかります。オーストラリアは荷物の重量を厳しく計るので注意しましょう。

●出国審査(イミグレーション)では、パスポートと出国カード、搭乗券を提出してください。
●税関(カスタム)では、オーストラリア国内で購入した免税品は必ず手荷物扱いで、出国する国際空港で税関書類(通常 封のされた袋に添付されております)の提出を行ってください。提出が行われない場合は、後日罰金の請求が日本まで行くこともありますので、ご注意ください。
●手荷物検査(セキュリティーチェック)では、機内持ち込み手荷物の検査とボディーチェックがあります。100mlを超える液体物は機内に持ち込めません。(液体、ジェルなど)
●消費税払い戻し(TRS)が必要な場合、手荷物検査(セキュリティーチェック)を済ませた後、出発エリアにあるTRSブースで行います。TRSとは旅行者払い戻し制度(Tourist Refund Scheme)といい、海外からの旅行者にオーストラリア国内で購入した物品からGST分を返金する制度です。オーストラリアでは10%のGST(Goods&Services Tax)物品/サービス税が導入されています。GSTは一部の商品(生鮮食料品など)を除き、ほぼ全ての商品に課せられていて、原則として表示されている金額はGST込みの金額です。
払い戻し可能な条件は:
①1店舗での買い物合計金額が$300以上で、ABNナンバー(税務登録番号)と「Tax Invoice」と記載された1枚の領収書を持っていること
②購入した商品は係員に現物を見せるため、機内持ち込みの手荷物として必ず国外に持ち出すこと
③品物の購入がオーストラリア出国予定日より30日以内であること
④GSTの払い戻し対象商品はオーストラリア国内では消費しないこと
GSTの返金受け取り方法は、(1)クレジットカード、(2)オーストラリア国内の銀行口座、(3)小切手(日本円、オーストラリアドルなど)のいずれかの方法を選択できる。
●搭乗(ボーディング)。搭乗案内の後、指定の搭乗口より搭乗券を提示して機内に進みます。

ゴールドコースト空港のサイトはこちら ⇒

ブリスベン空港のサイトはこちら ⇒

免税の範囲【航空券・空港】

◆オーストラリア入国時
酒類2250ml*、タバコ製品50g相当(紙煙草50本)*、AU$900(17歳以下はAU$450)相当までの品物または贈答品、AU$10,000までの現金・トラベラーズチェックもしくは外貨相当額(これを上回る場合は申告が必要)。
*18歳以上の旅行者に適用されます。

昨今の事例より入国時の2つの注意を記します。
①タバコの持ち込みは50本までとなります。(日本で購入されるタバコだと2箱半となります。)それ以上お持込になる場合、免税範囲を超える分ではなくお持込のもの全てが課税対象になってしまいます。当国はタバコの値段が非常に高く、その分、税金も高い為、たいていのケースは空港でそのまま破棄処分となることが多いようですので、ご注意ください。
②食物検疫が厳しいという言葉だけが人歩きしているくらい、食品持ち込み規定が厳しいと有名なオーストラリアですが、入国申請書には以前は食品全てが対象の質問がありましたが、昨今は肉類、フルーツ類のみと限られた質問に変っています。
例えばおせんべいやチョコレートの持ち込みは申請の必要がないという解釈ですが、食べ物は何か持っているかという質問を口頭でされる場合も多々あります。

在日オーストラリア大使館(食物検疫局) ⇒

◆オーストラリア出国時
タバコ類(外国製・日本製の紙巻タバコ各200本、葉巻50本、その他250g)*、酒類3本(1本760ml程度のもの)*、香水2オンス(約56ml)、その他の品物で海外市場の合計額が20万円以内であれば免税となります。ただし、同一品目ごとに合計した金額が1万円以下の品目(1本2500円のネクタイ4本など)は、20万円の合計に含めません。20万円を超える場合は、超えた品物から課税されます。100万円相当額以上の現金・トラベラーズチェック(その他外貨現金を含む)を持ち込む場合は申告が必要になります。
*原則として、20歳未満の未成年者は、タバコ類・酒類の購入はできません。

空港から市内へのアクセス【航空券・空港】

ゴールドコーストへは2つの空港からアクセス可能。
ブリスベン国際空港から市内へはコーチトランス(Coachtrans)か、エアトレイン(Airtrain)を利用するのが便利です。コーチトランスは空港からブリスベンや、ゴールドコーストの主要ホテルなどを結ぶバスで、エアトレインはブリスベン市内を抜けてゴールド・コーストまで路線が延びており、所要は約90分となります。ブリスベン国際空港からゴールドコーストは約100km。
ゴールドコースト空港からは、ゴールドコーストツーリストシャトル(Gold Coast Tourist Shuttle)が飛行機の発着に合わせて運行し、その他にも路線バス、サーフサイドバス(Surfside Bus)が運行しています。ゴールドコースト空港からサーファーズパラダイス市内は約40km。

荷物について【航空券・空港】

航空会社によって重量制限は変わってきます。事前にチェックしましょう。特に国内線国際線問わずローコストキャリア(LCC)の航空会社をご利用の方は、重要制限を1KGでも超える場合 かなり厳しく、空港にて追加代金をお支払いいただくことになりますので、予めその点をご認識ください。

また、各国際空港は、国際線と国内線のターミナルが分かれております。最短お乗り継ぎ時間の規定で航空券の手配はされていても、特に混みあった朝の空港でのお乗り継ぎなどは通常以上の時間を要しますので、ご注意ください。

空港では置き引きや盗難にあっている人もいるので必ず荷物はしっかり自分の目の届く所に置いておく注意が必要です。

バス【交通機関】

市内を走る路線バス、サーフサイド・バス(Surfside Bus)は、ムービー・ワールドやドリーム・ワールドなどのテーマパーク地区からクーランガッタ(Coolangatta)やツィード・ヘッズ(Tweed Heads)までをカバーしています。

料金はゾーン制。バスに乗るときは前から乗り、行き先を運転手に伝え、先に料金を払います。現金で支払うか、またはGOカードと呼ばれる入金(チャージ)可能なカードで支払いが可能。バスに乗り込むときに読み取り部タッチするだけ。降りるときも同じようにタッチしてから降りましょう。

2011年10月からゴールドコースト市内をダブルデッカーと呼ばれる2階建てバスの運行が始まりました。まだまだ走っている本数は少ないですが、運がよければ乗れるかも。

両替【お金】

オ-ストラリアの通貨は、オ-ストラリア・ドル(A$)です。旅行の日程が決まったら、新聞で「本日のレート」をチェックしましょう。できるだけレートのいい日を選んで両替したいですが、最初からそれほど多額の両替をする必要はありません。オ-ストラリアはカ-ド社会なので、現金で大金を持ち歩くよりもクレジットカ-ドを1枚ご準備いただくと便利です。ですが、ミネラルウォ-タ-やビ-ル等の飲み物を購入するには、ドルを持っていたほうが便利ですので、カードをご持参の場合でも両替は必要でしょう。

・クレジットカ-ドをご持参されない方
現金を大金で持ち歩くのは、お勧め致しません。ホテルのセーフティーボックスなどに保管されるか、トラベラ-ズチェック(オ-ストラリアドル)をご持参下さい。但し、DFSギャラリア(免税店)やOKギフトショップなどのお土産屋は別として、一般のお店ではトラベラ-ズチェックがあまり普及していません。トラベラ-ズチェックからオ-ストラリア・ドル(A$)の現金に両替する場合は手数料がかかる場合があります。 なお、HISは国内全店舗にて 豪州ドル建てのトラベラーズチェックでのお支払いが可能です。

日本円は1万円札だけではなく、5千円札、千円札を取り混ぜてご持参下さい。
明日帰るという時に2~3千円だけ両替したい場合に便利です。

現地到着後の両替は、エイチアイエス・ツアーラウンジ(ケアンズ・ゴールドコースト支店、シドニーDFSギャラリア内 HIS ツアーデスクのみ)、銀行、空港、市内の両替所、免税店内の両替所、ホテルのフロント等をご利用いただけます。

オーストラリアの為替レートをチェックしよう ⇒

上にもどる↑