ポートダグラスのオプショナルツアー

とじる

ポートダグラスのオプショナルツアー一覧

オーストラリアのオプショナルツアー

ポートダグラスのオプショナルツアー人気ランキング

クィックシルバー アウターリーフ クルーズ(ポートダグラスホテルからの送迎付き)

ケアンズから北に約65km(バスで60分)、高級リゾートホテルが立ち並ぶ豪華避暑地として有名なポートダグラス発着のクルーズです。ハイグレードな高速カタマラン船「ウェーブピアサー号」にてエイジンコートリ.....
大人:$241  子供:$125  幼:$0

ウエーブダンサー号で行く!ポートダグラス発着 ロウアイルズ クルーズ(ポートダグラスホテルからの送迎付き)

ヤシの木の下でのんびり横たわり、色とりどりの熱帯魚とサンゴの庭の上をスノーケリング...こんな夢のようなひとコマが実現できる...ロウアイルズ。クイックシルバーの30mラグジュリー・カタマランヨット「.....
大人:$194  子供:$100  幼:$0

新着情報

ポートダグラスのオプショナルツアー おすすめポイント

各国のセレブが集う南国雰囲気あふれる高級リゾートエリアとして有名なポートダグラス!ケアンズ市内から北へ約70km、約1時間の美しい海岸線をドライブで行くことができます。ここポートダグラスを母港とし、日帰りクルーズを実施しているクィックシルバー・グレートバリアリーフクルーズ、ウェーブダンサー・ロウアイルズクルーズは、シュノーケラー&ダイバー達に大人気☆ またバンカーに特長的なリンクスタイプのゴルフ場である”シーテンプル・ゴルフコース”も人気です!

検索結果一覧ポートダグラスのオプショナルツアーカテゴリー

H.I.S.オーストラリアのオプショナルツアー > オーストラリア都市一覧 > ポートダグラスのオプショナルツアー

ポートダグラス オプショナルツアー 最新クチコミ情報

商品名世界遺産!キュランダツアー デラックスコース(ポートダグラス発)

参加日2015年 7月

ほぼ満点!

by しおんちゃん|2015.07.31

送迎の運転手さん、ツアーガイドさん、みなさんとても良い方で楽しかったです。
スカイレールは霧が掛かって幻想的でしたが、晴れていればもっと素敵だったと思います。
次の機会にはお天気に恵まれますように。

商品名世界遺産!キュランダツアー デラックスコース(ポートダグラス発)

参加日   --   

スカイレールだけ残念!

by うみ|2015.07.31

ホテルまでお迎えに来て下さるし、2時間乗車のキュランダ高原列車はとても素敵でした!
2時間は長いかと思いましたが、ガイドさんがその場その場で色んな説明をして下さるので全く飽きないし、撮影スポットも先に教えて下さるので、「世界の車窓から」のオープニングで流れる風景もバッチリ撮れました☆
その後の自由時間(1時間ちょっと)もちょうど良かったです。
ただ、午後のスカイレールの足元はガラス張りになっていませんでした。
ガイドブックではガラス張りになっていたのでそれに乗れると思いとても楽しみにしていたのですが、それには乗れなかったので残念!で、☆1つマイナスさせて頂きました。

商品名専用車片道送迎!ポートダグラス地区ホテルからケアンズ空港まで(5~10名様)

参加日   --   

専用車での片道送迎

by kazu|2015.05.11

大人8名+幼児2名でポートダグラスから空港まで専用車で片道送迎をお願いしました。
運転手さんは非常に雰囲気が良い方で短時間でしたが楽しい時間を過ごせました。
又、料金もバス利用と変わらず助かりました。
人数が多い時は絶対にお得です。

商品名クィックシルバー アウターリーフ クルーズ(ポートダグラスホテルからの送迎付き)

参加日2015年 1月

高額ですが価値はあります

by Hicks|2015.01.24

 日系旅行会社を通じて申し込むと割引があると知り、Port Douglasに到着してからネットで申し込みました。最速で参加可能な日が3日後でしたので、時間に余裕のない方は、到着前に予約した方が良いです。
 オーストラリア在住歴が長いので英語は問題なかったのですが、日本語サイトで申し込んで本当に大丈夫だろうか・・・どういうシステムだろうと半信半疑で申し込みました。即、確認案内メールがありました。それを印刷して持参するように連絡がありましたが、携帯電話しかないので心配になり確認メール発信先のHISケアンズ支店にメールしたところ、即、回答を頂き安心しました。
 朝のpick upに3-4分遅れて、マイクロバスが迎えに来ました。姓と人数を確認しOK。他の人をpick upしながら波止場に到着。Quciksilverオフィスの受付で姓を名乗り、乗車券をもらいました。すべてスケジュール通り運行されるので、英語ができなくても問題ないでしょう。
 おススメですが、大きい船でも多少は揺れるので乗り物酔いは飲んでおいた方が良いです。甲板に上がって外の空気を吸った方が船酔いは防げると思います。
★★★ 到着したら、速攻テーブル席を確保して下さい。僕は、それをできなかったので、地べたに座って食事をすることになってしまいました。お代わり自由。食べ放題です。
 出発前のアナウンスで「天候が悪化する可能性があり、最悪の場合、引き返す。あるいは、早めに切り上げる」と放送が流れましたが、結果としては、スケジュール通りでした。
 シュノーケル・水中メガネ・足ひれなど無料で借りれます。水着は、ホテルから着用していくのが賢明と思います。カタログで見るようなサンゴ礁の緑と青が混ざったようなブルー、魚もたくさんいました。
 さらに驚いたのは、携帯電話(iPhone5, オーストラリアのTelstra使用)が現地でも使用できたので、Facebookで投稿しました。2階でなんとか電波が入るくらい、船なら最上階の甲板で電波は少し強めに入りました。
 帰りは、行きよりも「引き潮」だったようで、道中、甲板からサンゴ礁の中を通って帰るのが良く見えました。
 迷っている方は、とにかく行ってみて下さい。

上にもどる↑

とじる